everyday experience

アクセスカウンタ

zoom RSS グリップのコレット!

<<   作成日時 : 2008/03/26 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

RESIONグリップは樹脂製ながら、通常のチャンピオンフェルールを
接続可能にしたところも特徴的。

そのロッドを取り付ける部分について写真付きで説明しましょう〜
画像
出荷時にはコレットが(上の写真中央)グリップ内部に取り付けてありません。
各社から発売されているチャンピオンフェルールは、その物によって接続される
部分の太さが微妙に(9〜9.5mm)違うのです。
ですから、2種類のフェルールを最初から付属しましたので
お手持ちのロッドにフェルールのみを取り付けてみて
サイズの近い方を選んでからコレットを差し込んで下さい。
※大概は内径サイズの太い方で問題ないと思います。
 因みに、ロベルソンフェルールは大でも小でも接続可能ですが
 大きい方が良い感じです。
画像
上の写真がコレットを奥まで差し込んだ状態です。
ここで気を付けるのは、ロッドが回らないように回転防止の仕組みがあります。
本体内部は凸、コレット側は凹で、凹凸を合わせる事でロッドを回らなくしてるのです
※カチッっと奥まで入れてからフロントフードを取り付けて下さい。
画像

そしてロッドを差し込んで頂き、ロッドが固定されるまで締めればOK!

面倒だから最初からコレット入れておけよ!って思われそうですが
理由があります。ロッドフェルールを差し込まず、グリップ単体保存の場合
フロントフードを完全に締め込んだ状態で、長期保存すると、コレット先端が
収縮して、後で戻りづらくなるからです。(この辺が樹脂の短所)
とは言っても、フロントフードを締め込み過ぎないで少し緩めた状態に
して置けば問題ないし、ロッドを取り付けての保存なら全然OKです。

かなり神経質な心配りな事なので、そんなに気を使わなくても問題無い範囲の
出来上がりにはなっていますので安心して下さい。
それより何せ樹脂製でチャンピオンフェルールが使える、初のnew世代グリップ
ですから、樹脂の短所&長所を、皆さんにも理解して頂けますように
その趣旨を説明書に書いて、グリップに付属して販売する事としましたので
ご理解頂ければと思います。

S.U




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グリップのコレット! everyday experience/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる