everyday experience

アクセスカウンタ

zoom RSS SOLID BONEは大変です。。

<<   作成日時 : 2009/04/23 21:52   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

現在バスポンドさんからの依頼でソリッドロッドの制作中であり、今週中に何とか作業完了します。。

このソリッドボーンは、通常のグラスソリッドの表面にカーボンを巻いてあるのが特徴で、しかもバットからティップまでバッチリ巻いてあるので、現在のところトップロッドでは初めての事でしょう!
画像

そもそも昨年のトップ堂誌で松井さんからの取材時に、「こんな様なのとか〜あんな様なのも作りましたね〜」って話をしていたら、「それ良いね〜やってみようよ」って事で始まった企画ではあった。

しかし、この工法のブランクは太い大物狙ロッド等の経験あるが、この細さは初めての事となり〜これがまた苦労かけられたブランクでした〜。。
外側にカーボンを巻く事を想定して、グラスソリッドのテーパーを決め研磨するのだが、元が7mmでティップが2mmでハイ終わり!なぁ〜んて簡単の事ではなく、今回は5段テーパーにして、松井氏好みのスムーズベンドが出るようにしたのです。
しかし、大変なのはココから。。研磨して完成している柔らかいグラスソリッドの外側に、相反する張りのあるカーボンを巻いた場合はねじれや反り曲がりが必ず出るのです。
おまけに細ければ細いほど曲がりやすいので、ここで通常は使わない手法が一つ加わります。
ブランクを窯で焼き上げる時に、バット側を固定して逆さに吊るして焼くのは普段と変わらないのですが、ティップ先端に重めのオモリをぶら下げて引っ張った状態にしないと、簡単に反り曲がってしまうのです。
そして、そのオモリを固定するために太さ2mm弱のティップに0.5mmの穴をあけて、針金を通しオモリを固定します。もちろん1本1本作業するので時間もかかります。「洗濯バサミでもいいんじゃない?」なぁ〜んて声が聞えてきそうだが、企業秘密ほど重いオモリをぶら下げるので洗濯バサミでは無理なんですね。。!

まぁ〜この他にも書いて説明していたら、文章が長すぎて読んでもらえないかもしれないのでこの辺にしておきますが、苦労と喜びの詰まったブランクですから、是非お手にとって振って見て下さい。
今までにない新感覚?に心が揺れるでしょう!
気になる方のお問い合わせは、バスポンド松井氏までどうぞ!
http://www.basspond.co.jp/

さぁ!ちょっと今回は長いですがもう少しだけお付き合いを。。

遅れ遅れになりましたオーナーズフォトのピックアップです。
今回はコンビで紹介〜!!

お名前:なお 様
釣行日:4月18日
場所:宮城の野池
ロッド品番:グレコア、レジラバ
ルアー:自作ルアー
サイズ:40弱
コメント:最近のお気に入りルアーで、釣り上げました。
画像

お名前:M氏
釣行日:4月18日
場所:宮城の野池
ロッド品番:レジオン
ルアー:マイティーアロー
サイズ:ジャスト40センチ
コメント:津波ルアー、好きです。
画像

このところ毎週コンビ投稿で楽しませてくれている、なお氏&M氏!
まだ寒そうな宮城で毎週釣ってくるとはお見事ですよね〜。
二人で釣りに行き二人ともゲットして、楽しく写真を撮る!最高の一時ですよね〜。
今年はいつそんな日が来るのだろうかロベルソンコンビニも(笑)
では今週末も投稿まってまっせ!お二人方さん!

しかし今年の東北は熱そうなので〜ハチロウ以外でも、何だか行けそうな気がする〜。。あると思います!(笑)

ロベウダ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SOLID BONEは大変です。。 everyday experience/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる