everyday experience

アクセスカウンタ

zoom RSS アンバー600MH詳細その他

<<   作成日時 : 2009/09/16 18:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

やっと喘息の症状もほぼ無くなって、何となく力が湧いて来た感じです。
ここ10日間ほど殆ど外出しておらず、引きこもり状態だったので〜今日久しぶりに外に出て秋になったんだなぁ〜といまさら実感した。。(笑)

さて!順調にご注文を頂いているアンバーMH。
つい先ほど一番短い502だけ注文完売となりました!
ご予約頂いたユーザー様、及びショップ様、ありがとう御座いました。

それでは、MHシリーズで一番長い#096003MHについて今日は語ってみましょう。
画像
現行アンバーの最長レングスは5フィート10インチでしたが、それよりも2インチ長い、トップロッド定番の6フィートに決定!
元々はこの釣りを始めた時には、6フィートがあたり前の様に評価されていた時代だった。
確かに地球人の標準体型を元に、ボート釣りなどで座って投げる時も〜オカッパリで立って投げる時も、この6ftという長さが、人間工学的に言えば理にかなっているのかも知れない。
しかし、それは地球人全体の事であるのでは?そうなると日本人の標準体型いや体格?にあった長さは5フィート6インチあたりがベストと考えてしまうので〜自分にとってのこの種のデザインの6フィートとはロングロッドの域に入るのだ。
画像

しかし、そんな定番と言われたレングスで、無理なく更に無駄のないキャストを優先した設計を心がけた。
510よりは張りを出しパワーを上げたものの、一日のキャスト時で手首への負担が来ない程度の軽さと硬さに設定。
今回の3シリーズのうち、もっとも優しく投げれるロッドとなった。
しかしここで面白いのが、力強く投げる502と優しく投げる600での飛距離が同等、これがロングロッドのテーパーを生かした利点となるのだ。
画像

それと今回のMHシリーズには、前回とは違ったデザインのフェルールを装着。
グレースコアと同じタイプで、全体的に細身にして5mmほど長くなった。
今後しばらくは、このデザインのフェルールを各種に採用して行く予定です。

ショートロッドの反発キャスト502か、パワー重視の506か、そして優しく力強い大人の600か!
Amber spots MHシリーズを宜しくお願いします。

ロベウダ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンバー600MH詳細その他 everyday experience/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる